合同会社VR English

VR×英語教育で、世界をもっとリアルに、もっと面白くしたい!

浜離宮&東京駅にて取材

思い立ったら撮影日和。

今日は歯医者に行きました。

しかし、それだけではもったいない天気! ウルトラ秋晴れ。雲一つない。

 

で、いそいそとEVO、ヘルメット、見えない自撮り棒、緊急用モバイルバッテリーなどを持ち出して、歯科治療後にまずは浜離宮で撮影開始。鯉やアゲハチョウを接写気味に撮れたし、大充実。

 

余勢を駆って、東京駅にて東北・上越・北陸新幹線を激写!(←入場券140円で最高のエンタメ。)

ただし撮影は気を付けよう。ホームではかなりマークされた。怪しいヘルメットの上に四角く黒いカメラ付けたりしてるんで、テロ一味と警戒されるのも理解はできる。見えない自撮り棒は自重した方がいいです。

 

さらに東京駅を出て、丸の内側の広場と、皇居手前の銀杏並木を撮影してきました。最後は非情のメモリ容量切れ。それにしても、よく撮ったわ…。

 

データ取り込みでパニック。

自宅に戻り、insta360studio が3.4.1だかにアップしてると言うから再インスコして、さらに作業性を高めるためにデータをローカル(PCのHD)に落としたら、studioで読み込まないじゃない!

 

ず~っとクルクルマークが出てて、PC再起動しようと、EXEを再インスコしようとも駄目。焦りまくる。データが壊れたのか? あれだけじっくり取材したのに!

 

推定だが、どうもカメラ側ないしMicroSDカードのフォルダ構造に仕掛けをしているのか、それとも一つだけ飛び出ている「fileinfo_list.list」なる特殊ファイルが鍵のような仕組みをしている模様だ。

 

ええい、面倒くさいズラ!

 

f:id:vrenglish:20191112222634j:plain

う~ん、insta360studioのjpg出力はちょっと粗いなぁ!

 

せっかく時間をかけてPCのローカルに移動したファイルをこそこそとカメラに戻し、USBでつないでみたら、新EXEでもちゃんと読み込むじゃないの。

 

上は360VRの一枚もの写真。5.7K(※スチルの場合は6080*3040)というのが売りなのだが、jpg出力しか認めてない模様。しかも粗いなぁ…。

 

一点だけスムーズに行ったのは、Oculus Goに接続して「Photo」フォルダに入れたら(※入れるフォルダはどこでもいいらしいが)、自動で360VR写真と認識してくれたところ。お、普通に見える。

 

うんうん。10時間前くらいにここにいたよな。でも、やっぱりちょっとモヤモヤ…。

ま、周囲にいる観光客らの肖像権があまり問題にならないレベルに落ちるという点では、利点があるかもね(苦笑)。

 

今回の撮影データがあまりにも多数&重いので、順次アップしていきます。新幹線もかなりイケている動画になるのでは、ないかと。

 

その作業で、いよいよPremierProによる180VR/360VRの編集等にも挑戦する予定。

 

=========

※使用したのはこちらのカメラです(私はすでに2台買いましたorz)。
また自撮り棒は最強です。insta360 One Xの方も含め、必須アイテムと申せましょう。

 

 

 

※2019/11/13追記:

公式の「スペック」欄には

https://www.insta360.com/product/insta360-evo/

「dng (RAW)(PC/Mac端末のみ対応する )」とありました。これでどう出るか、ちょっと試してみます。